格安トランクルームおすすめ

荷物の整理・引越しの一時保管なら
格安トランクルームのキュラーズ

トップページ

「格安の業者はどこ?」
「セキュリティは万全?」
「温湿管理は大丈夫?」


当サイトではトランクルームを利用してみたいけど、どこの業者が良いのかよくわからないという方のために、おすすめの格安トランクルームを紹介しています。

こんな時、荷物が多いと困ってしまいますよね。

  • 部屋に入りきらない本や洋服をしまっておきたい
  • 自宅をリフォームする間、家具を預かってもらいたい
  • 長期旅行中に賃貸するにあたり荷物を保管しておきたい
  • 海外出張・海外転勤が決まり、家具・家電などを保存しておきたい
  • まだ新居に家具を入れられないため一時的に預けたい
  • 退去と入居の引っ越しタイミングがずれてしまい荷物を預けたい
  • 家族と同居することになったため一部屋分の家具を移動したい
  • 屋根と鍵の付いている場所にオートバイを止めておきたい

とても思い入れがあり大事のものだけどしまう場所がないから捨てるしかない…。

二束三文にしかならないけどリサイクルに出すしかないのか…。

と断腸の思いで処分を決断する前に!

その荷物、トランクルームに預けませんか?

トランクルームは、ちょっとした小物の収納に最適な大型ロッカータイプから、4畳以上のスペースに収納できるタイプなど、保管するモノに合わせて無駄のない最適なスペースを借りることができるのです。

荷物が多い方はもちろん、片付けるのは躊躇ってしまう物などトランクルームに保管しておけばいつでも取り出すことが可能です。

家の契約と同じで敷金や礼金がかかるのでは…。

月額費用が高そう…。

そんな不安を抱かれている方もいるかもしれませんが、敷金や礼金が一切かからないトランクルームもあるほか、月額3,000円以下の格安価格で借りられるトランクルームもあるのです!

しかも1ヵ月~OKなので、ちょっとの間だけ荷物を預けたいという人にもおすすめなのです!

全国のトランクルーム業者の中から信頼と実績の高い格安のトランクルームサービスを厳選しました。

下記からお選びいただけると安心です。

荷物の整理・引越しの一時保管に!
格安トランクルームランキング

きれい・安心・便利!
評価店舗数種類
★★★★★全国57店舗
34,000室
屋内型
温・湿度管理駐車場出し入れ
空調システム完備無料駐車場完備24時間自由
  • 全国57店舗・34,000室
  • 敷金礼金一切不要
  • 徹底した温・湿度管理でカビ抑制
  • 月々3,000円代~
  • 短期利用可能
  • 24時間出し入れ自由
  • 最新のセキュリティシステム
  • 無料駐車場完備
  • 火災保険・盗難保険加入済み(保険の加入料はキュラーズ負担)
  • 即日見学可能
  • 店舗スタッフ常駐

【敷金・礼金一切不要】
キュラーズは、事務手数料、保証金、管理費、保険料、敷金、礼金、更新料、解約費などが一切かからない「使う側の立場にたった料金システムを実現」しています。しかも、1ヶ月からの短期利用もOK。

【最新のセキュリティ】
キュラーズには、幾重にも張り巡らせた最新のセキュリティシステムが導入されています。 建物の入り口での入退館管理や利用中のフロアのみのエレベーター制限等、ビル全体がキュラーズだからこそ可能なセキュリティステムとなっており、いつでも安心してご利用いただける環境を提供しています。

【徹底した温湿度管理・防カビ対策】
キュラーズでは空調システムを導入しています。湿度を平均60%以下に設定することでカビの発生を抑制し荷物にとって最適な空調環境を365日管理しています。 また、本社から遠隔操作で全店の温度・湿度のチェックや調節が可能となっており(セントラルモニタリングシステム)、異常が発生した際にはすぐに対応できるようになっています。


首都圏最大数!
評価店舗数種類
★★★★☆全国1515物件
76355室
屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
屋内型○/屋外型△
※時間制限がある物件有
  • 車の乗り入れ可能(屋外型)
  • バイクの駐車場として利用可能(屋外型)
  • セコムまたはALSOKの2重ロックで24時間使用可能(屋内型)

【車の乗り入れ可能】
屋外型は、車でアクセスしやすい立地にあり、コンテナ前まで車の乗り入れが可能で入出庫がとてもスムーズに行えます。バイクの駐車場としても利用できます。

【便利なサービスが充実】
ハローストレージでは運転手つきレンタルトラック「レントラ便」や、荷物の搬出入を行う「らくらく運搬サービス」、不要になった荷物を処分する「らくらく処分サービス」などトランクルームを使用する上で便利なサービスが充実しています。


月額2,520円~!
評価店舗数種類
★★★★☆全国450拠点以上屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
24時間自由
  • 月額2,520円~
  • 24時間利用可能
  • 短期利用可能

【最大3か月賃料無料キャンペーン】
コンテナルーム15現場以上、バイクコンテナ5現場以上がキャンペーン対象です。関東、関西、東海、中部など対象物件は全国にわたります。詳しくはお問い合わせください。

【無駄のないサイズ】
屋内型はパーテーションを利用した区切りになっているため、荷物の量に合わせて無駄のないサイズを選ぶことが可能です。

まとめ

トランクルームを利用してみたいけど、いまいち違いがよくわからないという方のために、おすすめの格安トランクルームを紹介しています。

はじめてのトランクルームQ&A

トランクルームを使用してみたいけど、預けて良いものや駄目なものがわからないという方、契約条件や必要書類などよくわからないという方、まずはトランクルームについて知ることからはじめましょう。トランクルームに関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.トランクルームの選び方を教えてください。

A.目的に応じて選びましょう。

収納する物や、利用料金(諸経費)、セキュリティ、利便性など各社それぞれ異なりますので、目的に応じて選ぶことをおすすめします。

例えば温・湿度の管理が必要な楽器などを収納する場合は、屋内型で保管することをおすすめします。

Q.トランクルームとコンテナの違いは何ですか?

A.屋内と屋外の違いがあります。

トランクルームは主にテナントやビルの一部を収納スペースとして利用します。パーティションで仕切られている場合もあります。

コンテナ(コンテナボックス・レンタルコンテナ等)は貨物などで利用される海上輸送用コンテナ等を収納スペースとして利用します。屋内型トランクルームと比較すると温・湿管理やセキュリティ面は劣りますが、車で乗り入れ可能な点やバイク収納可能な点などのメリットもあります。

Q.トランクルームと貸倉庫の違いは何ですか?

A.倉庫業法の違いがあります。

貸倉庫(レンタル倉庫)は、倉庫業法に基づかないため業者は保管品に対する保管責任を負わない場合があります。

トランクルームは倉庫業法によって、国土交通省に認可された業者のみ使うことができる呼び方となっており、物品の保管保証があります。

Q.トランクルームとレンタルスペースの違いは何ですか?

A.運営者が異なります。

レンタルスペースはコンテナ同様、不動産賃貸業者が運営します。(管理についてもコンテナと同様です。)

トランクルームは国土交通省に認可された業者が運営します。

Q.収納していはいけないものはありますか?

A.はい。

基本的に危険物、動植物、異臭・悪臭を発する物、貴重品、公序良俗に反するような品物、塗料等は、収納禁止品目と定められているところが多いです。詳しくは各社の約款をご参照ください。

Q.トランクルーム内で軽作業はできますか?

A.できません。

トランクルーム内に長時間滞在することを禁止しているところがほとんどですので、荷物の出し入れに伴う作業以外は行うことができません。

Q.トランクルームに住むことはできますか?

A.できません。

トランクルームの契約条件に住居として利用することは禁止と明記されているところがほとんどですので住むことはできません。また、身分証の提示も求められることから住所不定の方も借りることができません。

Q.火災や盗難被害に遭った場合補償はありますか?

A.あります。

キュラーズ(Quraz)では火災保険及び盗難保険に加入しているため、補償を受けることが可能です。(収納サイズによって補償限度額が異なります。)

ハローストレージ(Hello Storage)は、保険会社の規定に基づき、屋外型は最大50万円、屋内型は最大100万円の範囲で補償してくれます。

スペースプラス(Space Plus)は、動産総合保険プランが用意されています。

Q.24時間いつでも利用できますか?

A.基本的には24時間利用可能です。

屋外型の場合、場所によっては時間制限がある物件もありますのでご注意ください。また、早朝・深夜にご利用される際には、近隣住民へのご配慮をお願いします。

引っ越し・トランクルームの基礎知識コラム

いつ引っ越しするか決まった時点でまず必要になるのが役所に転出届を出すことです。

転出届を出すのは簡単です。自分が現在住んでいる市区町村で役所の窓口で手つづきすれば、すぐ受け付けて貰えますが、郵送で送ることもできるでしょう。受付時間に本人が役所に行けない場合、委任状を添えれば、代理人が提出しても問題ありません。転居届の提出は、転居の2週間前くらいから可能になっているようです。引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによってずいぶん変わってくるようです。学校や職場が変わり、引っ越す人も増える春先は業者に支払う費用は高くなります。
週末および休日の引っ越しも当然割高になります。



では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。
このご時世ですから、ネットの引っ越し何でもサイトなどでは、業者からの見積もりを無料で出して貰うことができるでしょう。
できるだけ情報を集めて、できるだけ安くしていけると良いですね。


信じられない事をしてしまいました。

一人暮らしを開始するのに、誰も呼ばずに自分一人で引っ越しをしたのです。

きっと大丈夫だと予想していたのです。



それなのに、結果的には大事な家具に傷つけてしまったのです。


壁際に置く時、当ててキズを作ってしまいました。無茶苦茶後悔しています。
引っ越しをする際、衣類が衣装ケースに入っていると楽に運搬ができるでしょう。僕のおすすめは透明のプラスチック製の衣装ケースです。
これだと、中に入っているものが見えるので実に便利です。引っ越してすぐだと、荷物のどこに何が入っているのか、しばらく分からない状態になる事もありますが、衣装ケースにいれておくと、そんな悩みがなくなります。

引越しのため荷造りをしていると意外にも悩むのがグラスの包み方です。ガラス製品を梱包するにはまずは足の部分から梱包することが大切です。
梱包材とは必ずしも専用のものを使わなければいけないということではないでしょう身近にある新聞紙やタオル等で心配ありません。
その後、全体的にしっかり梱包すれば、グラスが、割れる心配もすることなく運ぶことができるでしょう。



我が家の洗濯機はドラム式なんです。
以前一度だけ転勤をし、その時は単身赴任ではなく、家族で引っ越しました。



新居に引っ越しの荷物が届けられた時、濡れて水を含んだダンボールに気付き引っ越し業者に連絡を入れてみました。



どうやら、洗濯機のホースに水が残っていることに気付かず運搬時の揺れなどで出てきてしまい、それに気付かないまま荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。
荷台まで水は流れていきませんでしたから、特に害も無かったのですが、まさか、洗濯機のホース内の水を抜く、という発想はないでしょうでしたから今度からはぜひ気を付けたいです。転居をきっかけとして、電話回線をどうするかももう一度見直してみましょう。もう固定電話を使わないという話になれば別ですが、転居後も固定電話が必要となれば、電話会社との契約、あるいは転出転入などの作業が欠かせません。


契約開始が引っ越しに間に合わないと、固定電話のない生活を余儀なくされますから引っ越しを決めたらできるだけ早めに移動もしくは新規契約の手つづきに着手した方がいいでしょう。

引越しをしようと思うと、多くの荷物を詰め込んだダンボールをジャマにならないようあちこち移動させたり、業者さんと伴に家具を運搬したりと大忙しです。しばらくそういったことをつづけていると、手は赤くなってしまいます。業者さんの手はどうなのかと見てみると、きちんと軍手をはめています。



引越し業者に引越しの依頼をするにしても、自分の軍手も絶対に必要だなと思います。



引越し先でもその通りつづけて変わらな母子手帳を使うことができるでしょう。転出時に、手続はいりませんが、妊婦健診に使う補助券などは各自治体によってちがいがあるので、転入先の役所で聞いてみましょう。出産を終えた後であれば、引越しの期日によって乳幼児健診のきっかけがあわない場合があるので、受け漏れがないように認識(人生経験などによっても大きく左右されます)してください。

冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、思わぬ騒ぎになったという話もあります。

冷蔵庫は引っ越しに備えて、前の日までに庫内を空にして、電源を切っておき、一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけばあとは運ぶだけです。そのため、冷蔵庫の中のものは全て、引っ越し前日までになくなるようにして、新たに買うのも控えて、冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。

トランクルームお役立ち情報

格安トランクルーム希望なら
\キュラーズがおすすめ/

格安トランクルームなら↓